アパート契約時に必要となる敷金

アパート契約時に必要となる敷金

アパートを契約するときは、敷金という費用が必要になります。

この敷金は、自分が借りているアパートを退去するとき、
部屋を原状回復させるために使われます。

ですから、原状回復させなければならないほどにアパート室内を
汚していなければ、この敷金は戻ってくることになります。

相場としては、アパートの契約家賃の1ヵ月から2ヵ月分という
金額になるでしょう。

アパート契約時にそれほど資金を調達できない方は、敷金が家賃1ヵ月分で
済むところを選ぶ必要があると良いと思います。

敷金2ヵ月分が必要な家賃6万円というアパートを借りるとなると、
敷金だけで12万円必要になってしまいます。

アパート契約時にはこの敷金のほかに、礼金、仲介手数料などが必要になります。

また、家賃を数ヵ月分、前払いしなければならないアパートもあります。

ですから、アパート契約時に必要となる資金が多額に用意できないときは、
敷金、礼金、仲介手数料を節約しなければならないでしょう。

アパート物件を取り扱っている不動産屋さんの広告には、
敷1、礼1、仲介1」と表記されていることがあります。

これは敷金1ヵ月、礼金1ヵ月、仲介手数料1ヵ月の略で、
それぞれ家賃1ヵ月分が必要になるということです。

引越しが決まったら?

引越し先のアパートが決まったら、次は引越しの準備!
引越し代をお得に、かしこい引越し会社選びをするなら、安心で簡単な「ズバット引越し比較」がオススメ。

その理由は、大手引越し業者から地元で評判の業者まで、一括して厳選10社に見積もりができて、料金の比較ができるからです。

面倒な入力も1回で済むので、手間も省けますよ。
ズバット引越し比較