アパートを借りるときの仲介手数料とは

アパートを借りるときの仲介手数料とは

アパートを借りるときは、敷金、礼金などに加えて、仲介手数料が
必要になる場合があります。

仲介手数料とは、そのアパートを紹介してくれた不動産屋さんに対して
払う手数料で、家賃の1ヵ月分が相場になるようです。


通常、アパートには大家さんが存在し、大家さんは自分が持っている
アパートの入居者を募集するために、不動産屋さんへ依頼をします。

そして、不動産屋さんはアパートを借りたい人へ物件を紹介します。

紹介した不動産屋さんは、大家さんと借りたい人とを仲介しているので、
借りる人から仲介手数料を取ることになります。

ですから、不動産屋さんが直接持っているアパートを借りるなら、
仲介手数料は必要ない場合がほとんどのようです。

アパートを借りるときには仲介手数料が0円というところもあり
仲介手数料0円というアパートのほとんどが、大家さんが不動産屋さん
というケースなのだとか。

そして、街の不動産屋さんではなく、大手不動産企業のアパートに
注目すると、仲介手数料0円物件を豊富に探すことができるようです。

大手不動産企業はたくさんのアパート物件を所有していて、
それを貸すときに仲介手数料を0円にする場合が多いからです。

ですから、アパートの入居時費用を抑えたいと考えている方は、
大手不動産企業のサイトを調べてみると良いと思います。

仲介手数料0円アパートを効率よく見つけ出すことができるでしょう。

引越しが決まったら?

引越し先のアパートが決まったら、次は引越しの準備!
引越し代をお得に、かしこい引越し会社選びをするなら、安心で簡単な「ズバット引越し比較」がオススメ。

その理由は、大手引越し業者から地元で評判の業者まで、一括して厳選10社に見積もりができて、料金の比較ができるからです。

面倒な入力も1回で済むので、手間も省けますよ。
ズバット引越し比較